証券会社の仕事

証券会社は有価証券の売買に関連する業務を行う会社で、我々が株を売買する際の窓口となるところです。
これらの会社が日常で行っている仕事は、大きく分けて4つあります。第一は「ブローカレッジ(売買仲介)業務」と呼ばれるもので、投資家の株式や債券の売買を仲介する業務を行っています。仲介する際には投資家から手数料を受け取っており、これが重要な収入源になっています。第二は「ディーリング(自己売買)業務」と呼ばれるもので、一般の投資家と同じように自社の判断で有価証券の売買を行って利益を得ています。第三は「アンダーライティング(引き受け)業務」と呼ばれるもので、会社がこれから新規に発行する、もしくは既に発行済みの株式や債券の一部もしくは全部を買い取って、それを投資家に広く販売する業務を行っています。第四は「セリング(売り捌き)業務」と呼ばれるもので、新規に発行する証券や既に発行済みの証券を一時的に預かって、投資家に向けて購入するよう勧める業務を行っています。アンダーライティング業務とセリング業務は似たような業務ですが、アンダーライティング業務では売れ残った証券を引き取る必要があり、セリング業務では引き取りの必要がないところが両者の異なるところです。

コメントは受け付けていません。