「PER」の意味と使い方

「PER」とはprice earnings ratIoの略語、株価収益率といいます。その意味一般的ないいかたでは株価が一株当たりの利益の何倍まで買われているかを示す数字になります。ある株の一株あたり利益が100円とします。このときに株価が1000円であったとすると、株価収益率は10ということになります。つまり株価収益率は企業の業績や発行株式数によってかわってきます。また業績の結果である決算で純利益といっても本業の企業活動による利益であれば、業績を反映した利益ですが、土地や持ち株の売却などでの利益は本業の利益でないので、株価収益率の数字の中身には注意が必要といえます。同様に発行株式数については株式分割や株の消却などで発行株式数はかわります。株価収益率を見る場合にはこのようなことにも注意して見ていくことが必要といえます。つまり同業企業で、企業規模が似ている企業であっても、発行株式数は大きく異なる場合があるのです。また突然発行株式数が変わることもあるといえます。企業の利益内容が土地売却などで特別に利益を計上するなどのことがなければ、また発行株式数がなんらかの事情でおおきな変化がない場合は、株価収益率は企業が株式市場からどのくらい評価されているかをみるうえで参考になる指標となります。株価収益率の使い方の例としては、企業の株式市場の評価を知る、ひとつの方法としてこの数字が大きいほど企業の将来性が期待されているなどを知るてがかりとしています。

コメントは受け付けていません。