「PBR」の意味と使い方

株価判断の指標として、PBRがあります。この指標は株価純資産倍率となっており、企業の株価が純資産に対して何倍まで買われているかを意味しています。例えば、この指標が2倍となっている時は企業の保有している純資産に対して株価が倍の価値を持っていることになってきます。この指標が高くなればなるほどに、その企業の株は買われ過ぎている傾向が出てくることになります。しかし、IT企業などの純資産をあまり持たなくても良いような業種では、指標が高くても株価が割高とは言えない状況も出てきます。また、この指標において1倍となっている時は企業の株価が純資産と同程度になっていることを表しています。指標が1倍になっている時は、株価が会社の解散価値と同じになっていることになるため、株価が割安になっていると言うことができます。したがって、この指標は、1倍を基準にして企業の株価が割安になっているかどうかの判断をする使い方ができる特徴があります。ある企業の株価が株価純資産倍率1倍を下回っている場合には株価が割安である可能性が高くなっているため、買い対象として考慮する要因となってきます。しかしながら、1倍以下の企業でも業績の回復が見込めないようなところは、株式購入を避けたい方が良いです。

コメントは受け付けていません。