委託売買(ブローカー)業務

委託売買は一般的には有価証券に関連した銘柄に関する主要な業務と位置づけられていて、有価証券などを購入するための注文方法としては営業店の窓口での対面による取引や電話やインターネットを利用した注文方法があり、これらの処理に関しては多くの場合はシステム化されていて、顧客の口座開設から財務報告までの流れが構築されています。ブローカーによる取引に関しては財務報告に係るリスクが考えられていて、口座開設では誤った記載をして登録を完了してしまう場合や架空の情報を記載して登録をする場合などが考えられ、売買約定においては、誤った入力をしてしまうことや入力漏れの他に二重に入力してしまったり、架空の情報を入力するなどの危険性が指摘されています。委託手数料はシステムによって自動計算されていて、計算された結果はすぐに会計システムへと転送され自動記帳されますが、誤った計算方法をしてしまったり、記帳漏れや誤った情報で記帳してしまうこと、架空の情報をもとにして記帳をしてしまうというリスクが考えられています。証券の保管に関しては決済系のシステムと顧客システムの間を自動転送されて、保管機関との残高の照合などが可能になっていますが、誤った情報や架空の情報が記入された場合には、リスクを伴う可能性があります。

コメントは受け付けていません。