引き受けおよび売り出し(アンダーライター)業務

引き受けおよび売り出し(アンダーライター)業務は、金融商品取引法で認められた、証券会社の主要な仕事のうちの一つです。
前者は、株式会社などが株式や債券を新たに発行するにあたり、その全部または一部を証券会社としてみずから買い取ったり、ほかに取得する者がないときに残りを買い取ったりする業務のことをいいます。
なお、株式を発行した会社から直接に株式を取得する場合、この証券会社は「元引受会社」とよばれますが、発行会社ではなく元引受会社から株式を取得する場合もしばしばあります。
また、後者はこうして取得した株式を投資家に向けて販売する業務のことで、証券会社は発行会社から支払われる販売代行手数料を手に入れることができます。
当然ながら、人気のある株式の場合は市場で高値がつきますので、証券会社としては大きな収益を上げることができます。一方で、株式がもし売れ残ってしまった場合には、「引受責任」として、証券会社がすべて引き取らなければならず、多額の損失を抱えることにもなりかねないというリスクがあります。
これに対し、似たような業務に「セリング」とよばれるものがありますが、これは発行会社から委託を受けて、募集または売り出しのみを行い、売れ残りの株式はみずから抱える必要がないものです。

コメントは受け付けていません。