募集・売り出しの取り扱い(セリング)業務

証券会社の主要な仕事の一つとして、金融商品取引法では募集・売り出しの取り扱い(セリング)業務を認めています。
前者はこれらから新しく発行される株式や債券について、不特定多数の一般の投資家に対して、買い入れにより出資をするように勧誘する業務のことです。この場合の「不特定多数」は50人以上を指すものとされています。通常は発行会社からの委託を受けて行われるもので、勧誘に成功すると、発行会社から手数料を受け取ることができ、これが証券会社としての収益になります。
また、後者は資金調達の必要が生じた企業からの委託を受けて、すでに発行された株式や債券について、50人以上の不特定多数の投資家に向けて販売をする業務のことをいい、売買に成功すれば証券会社には売買手数料が入ります。この場合は大量の株式を売りさばくことが多く、しばしば株価の乱高下の要因になることもあります。
以上のような業務は「ディストリビューター業務」ともよばれますが、引受業務とは異なり、取り扱った株式や債券はたとえ売れ残ったとしてもみずから引き取る必要はなく、返品すれば足りるものとされています。したがって、証券会社としては引受業務よりもリスクが少なくて済むものといえます。

コメントは受け付けていません。